地上の星シリーズ②『集いの場に歌声を ライブリー・グランパ・カルテット』(2018.9)

 Youtubeで再生

地上の星シリーズ第2回目は、76歳から82歳の男性4人の演奏グループ「ライブリー・グランパ・カルテット」をご紹介します。3年前に結成以来、月一回のペースで市内の福祉施設や集会所などで、ボランティアで演奏活動を行っています。

第253回ロビーコンサート プッチーニ/誰も寝てはならぬ(2018.8)


第253回ロビーコンサートより、プッチーニ作曲”誰も寝てはならぬ”をお届けします。
日時:2018年8月8日(水)
場所:北広島市芸術文化ホール(花ホール) ホワイエ
出演:オーボエ・葛西 梓乃(かさい しの)ファゴット・渡邊 愛梨(わたなべ えり)ピアノ・鹿野 真利江(しかの まりえ)

マイタウンニュース『バイオミメティクスの世界 生物模倣がズバリ』(2018.8)


【広報北広島 平成30年9月1日号掲載】2018年8月5日(日)
平成30年7月28日から年9月17日まで、エコミュージアムセンター知新の駅で企画展「北海道大学博物館がやってきた!!~バイオミメティクスの世界~」が開催されています。バイオミメティクスとは、人間が動物や植物などの形や働きからヒントを得て、新しい技術などに応用することです。

ともに歩きたい さんぽまち(2018.8)


高齢化が進む北広島団地に若い世代を呼び込み、多世代が共に暮らす地域づくりをすすめようと、北広島市ではこの街に「さんぽまち」という愛称を付けてイメージアップを図っています。そして、今回「さんぽまちの唄」というイメージソングができ、2018年7月28日、キタヒロケットの会場でお披露目されました。

さんぽまちの唄
作詞:熊谷遼三  作曲/編曲/歌:小玉浩司
http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/sumitakunaru/detail/00130105.html