マイタウンニュース『木のおもちゃ講座』(2018.9)


【広報北広島 平成30年10月1日号掲載】2018年9月13日(木)
「地域子育て支援センターあいあい」で、親子を対象とした木のおもちゃ講座の催しが行われました。小樽でおもちゃ屋さんを営む杉本秀樹さんを講師に招き、木のおもちゃを中心に、こどもの発達段階に応じたおもちゃの使い方を紹介していただきました。

マイタウンニュース『バイオミメティクスの世界 生物模倣がズバリ』(2018.8)


【広報北広島 平成30年9月1日号掲載】2018年8月5日(日)
平成30年7月28日から年9月17日まで、エコミュージアムセンター知新の駅で企画展「北海道大学博物館がやってきた!!~バイオミメティクスの世界~」が開催されています。バイオミメティクスとは、人間が動物や植物などの形や働きからヒントを得て、新しい技術などに応用することです。

マイタウンニュース『ボールパーク構想シンポジウム』(2018.2)


【広報北広島 平成30年3月1日号掲載】平成30年2月3日(土)
北広島市芸術文化ホールで、北海道日本ハムファイターズのボールパークと共に描くこれからのまちづくりについて考えるシンポジウムが開催されました。会場には、ボールパーク誘致を期待するたくさんの北広島市民がつめかけました。

なお、北広島市ホームページの下記のページで シンポジウム全編の動画(1時間58分)をご覧になれます。
http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/hotnews/detail/00128711.html

メイドイン北広島~北広島下水処理センター『あしるのめぐみ』(2017.8)


北広島市下水処理センター(愛称「あしる」)は、下水処理だけでなく、下水汚泥に生ごみやし尿・浄化槽汚泥を併せて処理できるバイオマス混合調整棟があります。そこで発生する乾燥汚泥を肥料として農地などに還元、環境保全と循環型社会の形成、そして埋め立てるごみの減量化を図っています。乾燥汚泥は、一般市民にも「あしるのめぐみ」として販売しています。